So-net無料ブログ作成
検索選択
海外小説 ブログトップ
前の10件 | -

中村融編『夜の夢見の川』(創元推理文庫) [海外小説]

サブタイトルが「12の奇妙な物語」。奇妙で曰く言いがたくて全体的に後味の悪い作品が多いアンソロジーです。前回の『街角の書店』は18編収録だったので、今回は少し長めの作品が多くなっています。
とにかく主人公がひどい目に遭うだけ遭って何も解決しないで終わるとか、いちおうまとまりはしたけどなんかすっきりしないお話が好きな方にはぜひ読んでいただきたいです。そんなもん読みたい人いるのかよと思われる方もいらっしゃるでしょうが、愛好者は確実に存在するんです本当です。わたくしもたまになら嫌いではありません。明らかに一部の人がアレルギーのように苦手とするに違いないシーンが複数含まれているですが気にせずおすすめします。
ファンタジーのようなものもSFのようなものも、特に超自然的な力ははたらかないふつうの小説みたいなものも入っていてとてもバランスがよいのですが、とにかく後味がなんとも言えず悪いのでそこが問題であり魅力です。要領を得なくて誠に申し訳ない。
フィリップ・ホセ・ファーマー「アケロンの大騒動」などは、比較的ダメージを受ける読者が少なそうなウェスタンものでよろしいかと思うんですけれども。わたくしは美しいタイトルにふさわしいシーンとそうでもないシーンが交互に出てくる表題作がたいへん好きです。

夜の夢見の川 (12の奇妙な物語) (創元推理文庫)

nice!(1) 
共通テーマ:

ウィリアム・ゴドウィン『ケイレブ・ウィリアムズ』(白水uブックス) [海外小説]

イングランドの片田舎に生まれたケイレブ・ウィリアムズは両親を失った後、人々の尊敬を集める地主フォークランド氏のもとで働き始める。人格者として慕われるフォークランドの過去に好奇心をかき立てられたケイレブはやがて主人のおそるべき秘密を知り、そのためにフォークランドから執拗に追われる身となる……
びっくりすることに大変面白い小説でした。ゴドウィンは急進的な思想家で、この本も流行小説の形を借りながら彼の思想を訴えることを目的にしています。なので登場人物の考え方がちょっとついてゆけないほど極端だったり、現代ではなく当時の社会でも浮いてたんじゃないかと感じられたり、どうも作者が言いたいのは「社会が悪い」らしく話をそこに持ってゆくために展開がくどくなったり、細かいところが力業なのですがそれでもなお面白いんです。
最初は主人の秘密をさぐる側だったケイレブが中盤から一転して主人に追われる側に回る流れ、逃亡の途中で出会う人々などサスペンスに満ちています。とにかくフォークランドが社会的地位も財産もある人物なので、どこへ行っても誰も主人公のいうことを信じてくれないんですね。ついに最後の手段に出てからのクライマックスは、たぶん今の人が読むとびっくりすると思うんですけれども、このあたりのギャップも含めて面白くなっています。フォークランドとケイレブの関係など、巻末の訳者解説に詳しいんですけれども、作者の意図と違う部分で楽しめるようになる力のある古典です。

ケイレブ・ウィリアムズ (白水Uブックス)

nice!(2) 
共通テーマ:

サキ『平和の玩具』(白水社uブックス) [海外小説]

クローヴィス物語』『けだものと超けだもの』につづくサキ短篇集です。今回もちょっと不気味ですごくかわいいエドワード・ゴーリーの挿し絵つきです。
相変わらず毒々しいうえに時流を反映したネタがぼちぼち登場しています。困った親戚への対策を講じる話は応用すれば現代の日本でも参考に、いやなりませんかね。今回は初期作品など、ちょっといつもとは毛色の違った雰囲気のものも含まれていてバラエティに富んでいます。クローヴィス・サングレールもちょっとだけ顔を出したりしています。
巻末にはサキをめぐる書簡が翻訳されていて、没後数十年経ってからの親族と編集者のやりとりや本人から幼い姪に宛てた手紙を読むことができます。これらを見る限り、特に作風から連想されることのない楽しい親戚のおじちゃんであり国を愛する青年であったようです。作品が過激な人ほど実生活では常識のあるふつうの人だと思っているのでここは全面的に納得です。

平和の玩具 (白水Uブックス)

nice!(4) 
共通テーマ:

パトリシア・ハイスミス『キャロル』(河出文庫) [海外小説]

デパートのおもちゃ売り場で働く舞台美術家志望のテレーズは、娘のクリスマスプレゼントを買いに来た美しい女性キャロルに一目で心引かれる。衝動的に彼女へクリスマスカードを送ったことをきっかけに二人は親しくなるが、家庭に問題を抱えるキャロルとの交際は思わぬ方向へと……
パトリシア・ハイスミスといえば、人間のいやな部分を凝視した登場人物の誰も好きになれそうにないミステリや短篇のイメージが強かったですがこちらはなんとふつうの恋愛小説です。もともと心理描写は抜群にすばらしい人ですから、ミステリではないものを書いたっておもしろくないはずがないんですけれども、いやな気分だけでなく幸せな気持ちも全部描かれた恋愛小説は驚くほど素敵でした。脇役ではちゃんと不愉快な人物も出てきますし、主人公の揺れる気持ちもなかなかに身勝手で現実味があるので、これまでのハイスミス作品がお好きな方もどうぞご安心ください。
大変まっとうで美しい恋愛小説であることももちろん、1951年に発表されたことを思うと結末に拍手喝采したくなります。巻末に付された著者のあとがきや2010年版序文でさらに感慨が深まります。

キャロル (河出文庫)

nice!(6) 
共通テーマ:

クリスチアナ・ブランド『領主館の花嫁たち』(創元推理文庫) [海外小説]

当主の妻を失ったばかりのアバダール屋敷に、家庭教師として雇われたテティ。残された愛らしい双子の姉妹に魅了された彼女は、不幸な過去を忘れ新しい暮らしを始めるが、一族にまとわりつく怪異が姉妹を脅かし、やがてテティも……
ミステリで有名な作家ですがこれはあまりミステリではないと思います。とにかく大変おもしろい小説だったのでジャンルについては特にどれと決めなくてもいいんじゃないでしょうか。由緒あるお屋敷に暮らす一族と数百年前から彼らにつきまとう呪い、使用人や親族たちなど小さな世界ながら魅力的な要素が山ほどつまっています。怖い話というだけではなくかわいらしい女の子や当主の親戚のいやみなおばさまなど、笑えるポイントや心安まるポイントもちゃんと用意されています。
どこか不穏な日常が中盤のある出来事で大きく変わり、そこから二転三転を経て、屋敷と一族に隠された秘密が明らかになったそのあとまで目が離せませんでした。歯ぎしりしながら最後の一行まで世読み進めてください。

領主館の花嫁たち (創元推理文庫)


nice!(2) 
共通テーマ:

ミュリエル・スパーク『あなたの自伝、お書きします』(河出書房新社) [海外小説]

作家志望のフラーは初めての小説に取り組むかたわら、名士たちが集う自伝協会なる団体で会員の自伝執筆を助ける仕事を得る。ところが彼女の身辺では執筆中の小説そっくりな出来事が起こり、登場人物と同じセリフを口にする人物が現れる。さらに小説を出版する話は立ち消えとなり、原稿は何ものかに盗まれて……
タイトルほど自伝は書いていません。それどころか主人公の原稿が行方不明になるあたりからミステリみたいな流れになりますがジャンルはどうでもよろしいです。主人公の周囲の人々だけでも最高に面白くて、続きが気になってしょうがないですから。ほんまもんの貴族とも俗物とも見える自伝協会の主催者を筆頭に(彼の90歳になる母親は嫌いになるのが難しい強烈な人物です)や親切な顔をしながら裏で主人公に不利益をもたらす知人友人、あやしげな経歴ぞろいの自伝協会会員たちなど……主人公自身も、おとなしく被害者になっているわけではないなかなかタフな性格の持ち主で実に頼もしいです。
作品全体が後に小説家として成功する主人公の回想の形をとっているんですけれども、今の彼女は小説を発表するあてもないし仕事探しに汲々とする大変な状況です。にもかかわらず(作中の言葉にあるとおり)二十世紀に女性であり芸術家であることの喜びにあふれた楽しい回想録です。

あなたの自伝、お書きします

nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

レイ・ブラッドベリ『万華鏡』(創元SF文庫) [海外小説]

全100編収録の傑作集が二冊出ているくらい多作なブラッドベリの自選による、今度こそ間違いのなさそうな傑作集です。全26編収録、有名な作品もあるんですけれどもSFでもファンタジーでもない純文学ぽい短篇がいくつか入っているのがポイントだと思います。
作者本人によるセレクトですから、傑作集としてもはじめてブラッドベリに触れる人の入り口としても最適なバランスです。ホラーもSFもファンタジーも、ミステリのような雰囲気のものもサスペンスも児童文学と呼びたいものもあります。長篇『たんぽぽのお酒』からは独立して読める四つの章が採られて、なるほどこれが彼が自分で選んだ場合のリストなのかという感じです。
わたくしは多分三分の一くらいはいろんなところで読んでいるのですが、まとめて配列されたものを順番に読んでゆくのはまた別の楽しみがあります。出世作『火星年代記』から選ばれた短篇がいくつかばらばらに配置されていまして、全体のさいごにそこから「やさしく雨ぞ降りしきる」を持ってきているのがセンス抜群ですね。

万華鏡 (ブラッドベリ自選傑作集) (創元SF文庫)

nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『イーヴリン・ウォー傑作短篇集』(白水社) [海外小説]

わたくしは今までウォーは長篇ばかり読んでいて、そもそも短篇の存在を知らないくらいの素人だったんですけれども、短篇もやっぱり間違いなく面白いですね。
訳者あとがきの引用にもあるとおり、どうしたって笑ってしまうんですけれども間違いなく悲劇的な作品ばかりです。逆にいえばひどい話だけど笑えるんですよ文句なしに。
家庭環境や教師時代など、作者自身の体験から生まれたエピソードが相当盛り込まれているのですが、さっきも書いたとおり笑えるけど悲劇的な小説ばかりなんですよね。それでもやっぱり笑えるんですよ、主人公がそんないい人じゃないのも含めて。
全15編の傑作の中には当時の社会を皮肉った面も少なからずありますけれども、そのあたりはあとがきでわかりますので気にせず笑ったりなんとも言えない顔になったりして下さい。わたくしはラストまで引っ張って引っ張って引っ張りまくる「ラヴデイ氏のちょっとした遠出」、短くきりっと終わって主人公が比較的無事に済む「気の合う同乗者」が特に好きです。

イーヴリン・ウォー傑作短篇集 (エクス・リブリス・クラシックス)


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

シャーリィ・ジャクスン『鳥の巣』(国書刊行会) [海外小説]

博物館で働く平凡な女性エリザベスは原因不明の頭痛や、何ものかが自分に宛てて書いた手紙に悩まされていた。医師の診断を受けて明らかになったのは、彼女の中にひそむ別の人格の存在で……
1954年に発表された多重人格ものサスペンスです。ちょうどこのころに多重人格もののブームがあり、その中でも先駆けとなったのが本書だそうです。すでに何度か多重人格ブームを経た現在でも十分に新鮮で、かつ強烈にいやな感じです。
登場する人格は最初から登場する主人公を含めて全部で四人。決して多くはありませんし、その他の登場人物も主人公と同居する叔母さんと医師が二人くらいです。しかもほとんどのシーンでは一対一のやりとりで、どこをとっても落ち着かない緊迫感にあふれています。
重苦しくはあるものの、主人公の人格が次々に入れ替わり、振り回される医師が対応に悪戦苦闘するシーンなどは笑いを誘われます。なかなか意地悪で笑える作家でもあるんですよね。一方で一番怖かったのは、健康的な人であるはずの叔母さんとの対話です。
最終章において、主人公の複数の人格は無事ひとつに統合されているのですが、その後どうなったかは読者の想像にゆだねられている感じです。全然すっきりはしてませんね。

鳥の巣 (DALKEY ARCHIVE)


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

イリヤ・トロヤノフ『世界収集家』(早川書房) [海外小説]

アラビアン・ナイトの翻訳者として知られる英国の冒険家リチャード・フランシス・バートン(1822-1890)の生涯を、彼の人生に関わった人々の目を通して描く伝記っぽいフィクションです。英国領インド→アラビア→東アフリカと、史実のバートンが世界各地で過ごした時代を取り上げ、彼自身の視点と当時の彼を取り巻く人々の語りから浮かび上がらせています。アラビアン・ナイトの話はほとんど出てきませんし、文学者ではなく軍人・探検家としてのバートン像が中心に据えられています。そのあたりの予備知識なしに読み始めても問題ないくらい面白いです。
訪れた土地に溶け込んでゆこうとするバートン自身の目線と、彼をめぐる現地の人間たち(案内人であったり、彼の正体について調査する役人たちであったり)のシーンが虚実を織り交ぜつつ入れ替わり立ち替わり登場し、それぞれの見ている世界の違いがきわだつ構成になっています。
どちらの言い分もそれぞれの立場からですから、植民地にやってきて現地の文化を理解したつもりになっている英国人にも、命の危険もかえりみずのめり込む研究者にも見えます。たとえばバートンが評価していた案内人たちが、後から話を聞くとバートンをぼろくそに言っていたりするわけですが、それはそれとしてこの冒険物語が抜群におもしろいことに変わりはありません。インド人イスラム教徒に変装してメッカ巡礼とか、ナイル川の水源を探しにアフリカ探検とか、翻訳の仕事を全然知らなくても興味を引かれるじゃありませんか。

世界収集家


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 海外小説 ブログトップ