So-net無料ブログ作成

今日泊亜蘭『最終戦争/空族館』(ちくま文庫) [SF]

日本SFの黎明期から活動している伝説的作家の文庫オリジナルアンソロジーです。「宇宙塵」同人にも参加ですとか、佐藤春夫に紹介されて探偵小説を書き始めたとか豪華なエピソードがもりもり出てきます。
そのくらいの人ですから当然いろんな作家に影響を与えていて、本書に収録された作品だけでも星新一や筒井康隆を想起させる要素がぼちぼち含まれています。ミステリっぽい雰囲気のものから子ども向けのややほんわかした作品まで幅広く、クスッと笑えるしゃれた結末もあるしぞっとするカタストロフィも入っています。表題作のうち「最終戦争」は毒を含んだ風刺がありますが、もう一方の「空族館」は登場人物たちにとってはさっぱり笑えない喜劇です。
わたくしは「博士の粉砕機」が無慈悲ですばらしいと思いますね。子ども向けにリライトされたバージョンも収録されてるですが文章がやさしくなった以外に特に違いはないです。

最終戦争/空族館 (ちくま文庫)


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る