So-net無料ブログ作成
検索選択

ローラン・ビネ『HHhH』(東京創元社) [海外小説]

1942年、ドイツ保護領となったプラハへ二人の兵士が潜入する。ロンドンに亡命したチェコ政府の計画に従う彼らの目的は、〈第三帝国でもっとも危険な男〉と呼ばれるチェコ総督代理ハイドリヒの暗殺だった。
小説化すればいくらでもドラマチックになる題材を、恋愛や歴史秘話をからめた手に汗握る娯楽作品としては読ませてくれないのがこの本のすばらしいところであり、作者の腕前の大したところでもあります。最初から最後まで、執筆者である「僕」がハイドリヒ暗殺計画と同じくらい前面に出てきて、父や恋人との思い出、本書のための取材旅行で目にしたものや登場人物の内面に分け入ることについても語り続けるんですから。
作中の「僕」がそのまま著者といえるかどうかはわかりませんけれども、本書はハイドリヒ暗殺計画をテーマにしたノンフィクションとしてはもちろん、伝記小説を書くことと向きあう著者自身まで包み込んだ一つの作品になっています。史実としての結末はもちろん最初からわかっていて、ハイドリヒがここで暗殺されることもふたりの兵士とチェコの運命も読者は知ろうと思えば知れるのですが、小説を書いてきた「僕」のその後はわかりません。作者自身がお話の中にしょっちゅう顔を出してくる形式を伝記小説で成功させ、「史実を元にした小説を書くこと」についての小説として成功させたというのはとんでもない力業であり偉業ですよ、ほんとうに。

HHhH (プラハ、1942年) (海外文学セレクション)


nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ: