So-net無料ブログ作成

キャロル・オコンネル『クリスマスに少女は還る』(創元推理文庫) [ミステリ]

クリスマスを目前にしたある日、二人の少女が姿を消した。一人は州副知事の娘、もう一人はその親友でホラーマニアの問題児。十五年前の同じ時期に起きた誘拐事件で妹を殺された刑事、顔に傷跡のある女性法心理学者、州警察の捜査官やFBIが手がかりを追っているころ、誘拐された少女たちは力を合わせて監禁場所からの脱出を試み……
捜査に当たるメンバーが色んなところから来ている上にあまり褒められない性格の人物も少なくなく、あちこちで揉めながら捜査を進めてゆく群像劇の趣があって面白いのですが、同時進行で語られる誘拐された少女たちの冒険も大変です。B級から名作まで大量のホラー映画を鑑賞し、血まみれの目玉などの小道具で大人を驚かすのが大好きな問題児が、ホラーマニアとしての知識を駆使して誘拐犯をあざむき親友を励ましながら戦う、滑稽だけど泣ける展開ですよ。彼女の話題が濃すぎて巻末に「映画に関する註」がついてくるレベルです。
パトカーが一台しかない小さな町の事件、関係者はだいたい全員が顔見知り、その中に犯人がいるはずの状況ながら終盤までいっさい姿を現さない描写もみごとです。なかなか分厚い文庫本ですが納得の読みごたえです。

クリスマスに少女は還る (創元推理文庫)


nice!(1) 
共通テーマ:

nice! 1

メッセージを送る