So-net無料ブログ作成

レイ・ブラッドベリ『万華鏡』(創元SF文庫) [海外小説]

全100編収録の傑作集が二冊出ているくらい多作なブラッドベリの自選による、今度こそ間違いのなさそうな傑作集です。全26編収録、有名な作品もあるんですけれどもSFでもファンタジーでもない純文学ぽい短篇がいくつか入っているのがポイントだと思います。
作者本人によるセレクトですから、傑作集としてもはじめてブラッドベリに触れる人の入り口としても最適なバランスです。ホラーもSFもファンタジーも、ミステリのような雰囲気のものもサスペンスも児童文学と呼びたいものもあります。長篇『たんぽぽのお酒』からは独立して読める四つの章が採られて、なるほどこれが彼が自分で選んだ場合のリストなのかという感じです。
わたくしは多分三分の一くらいはいろんなところで読んでいるのですが、まとめて配列されたものを順番に読んでゆくのはまた別の楽しみがあります。出世作『火星年代記』から選ばれた短篇がいくつかばらばらに配置されていまして、全体のさいごにそこから「やさしく雨ぞ降りしきる」を持ってきているのがセンス抜群ですね。

万華鏡 (ブラッドベリ自選傑作集) (創元SF文庫)

nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

トラックバック 0

メッセージを送る