So-net無料ブログ作成
検索選択

ピエール・ルメートル『天国でまた会おう』(早川書房) [海外小説]

1918年11月。休戦が近いと噂される第一次世界大戦のさなか、前線の兵士アルベールは上官プラデルの悪事を目撃したため戦場に生き埋めにされてしまう。同僚のエドゥアールに救出されて九死に一生を得た彼は、多くのものを失いながらも新たな人生を歩み始める。一方かつての上官プラデルは、大戦後のパリで実業家としてのし上がり……
戦争で全てを失った主人公たちが上官に復讐する話だと思っているとびっくりしますね。主人公のアルベールからしてどこまでもヒーローらしくない優柔不断な青年で、悪人ではないけれど特別な正義感や意志の強さを持っているわけでもありませんし、彼を救ったエドゥアールのその後の運命も読者の予想を裏切ります。あくどい手段で立身出世をもくろむ元上官はいつまでもぴんぴんしているし、主人公たちの家族は真相に気付く気配もなく、主人公は主人公で日々を暮らすのにせいいっぱいです。
なんですけれども、これが抜群におもしろいんですよ。第一次世界大戦とその後のヨーロッパを舞台に、戦場での裏切りと目撃しながら生き延びた兵士という重たいテーマを扱いながら、サスペンスにあふれた娯楽小説なんです。あの日からいったい何がどうなってこんなことになったのか、考えると分岐点が見えてくるような気もするけれどそれはもう過去の話で、結局今となってみると何もわからない、人生そのままに平凡でドラマチックな小説です。
天国でまた会おう(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫) 天国でまた会おう(下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

全1冊の単行本もあります。
nice!(3)  トラックバック(0) 

nice! 3

トラックバック 0