So-net無料ブログ作成
検索選択

台北 國立故宮博物院―北宋汝窯青磁水仙盆(~3/26) [美術鑑賞]

大阪市立東洋陶磁美術館の「台北 國立故宮博物院―北宋汝窯青磁水仙盆」に行ってきました。
この特別展に出ている作品は六点です。たった六点、一部屋です。けれどもこれは焼きものに興味のある人なら絶対見なきゃいけませんよ。見る人が見たら人生を変えられる、そういう焼きものです。わたくしは、一段落ちるとか言われてますけれども景徳鎮官窯の模作の色合いが好きです。
「色がきれいに出ている」「傷がない」「脚がはえているのがかわいい」「底の部分が外に張り出している形状がおもしろい」「補修のセンスがいい」など、言葉を使って誉めるところもいろいろあります。気に入ったポイントを箇条書きにしていって、出そろったところで眺めてみると、作品を目の当たりにしたときの印象は「そういうの全部ひっくるめてすごい」になってしまうんですね。
北宋時代、11世紀末~12世紀初ごろにこんな美しいものを作った人たちがいて、その後もずっと大事にしてきた人たちがいるわけですよ。そんな宝物が現代に至ってもまだすばらしい宝物として認められていて、今回ひょっこり海を越えてこちらへやってきたものをたまたま目にすることができるチャンスです。
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

トラックバック 0