So-net無料ブログ作成

長田龍太『中世ヨーロッパの武術』(新紀元社) [学術書]

日本のそれと比べて圧倒的に資料の少ない、中世~ルネッサンス頃のヨーロッパ各地で用いられていた戦闘術の解説書です。よく中世風創作ファンタジーの話題で言われがちな「西洋の武器は力任せに振り回すだけだから」を根本からひっくり返してくれる一冊です。
まずは軽くヨーロッパの武術の歴史をたどり、本書の資料となったフェシトビュッフ(戦闘技術の解説書)についての解説もあるので、古文書や歴史の知識がなくても楽しめます。巻末には参考文献として用いられたフェシトビュッフとその解説書の書評もあり、実際に興味を持ったらもっと深く踏み込める仕様になっているのも素敵です。
ロングソードを皮切りにダガー、ポールアックス、ファルシオン、ショートスタッフ、レイピアなどなど、ゲームやファンタジー小説をたしなむ人にはおなじみの武器名がずらりと並んでいます。武器は用いませんが武術の基本として欠かせないレスリングも含め、教本に書かれた技が見やすい図解になっているのがほんとうにありがたいです。
日本語の資料はほとんどない題材に取り組んで、こんなにわかりやすい本にまとめた著者に頭が下がります。出版された新紀元社さんもさすがですよ。

中世ヨーロッパの武術


nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

トラックバック 0

メッセージを送る