So-net無料ブログ作成

埴谷雄高『死霊〔全3巻〕』(講談社文芸文庫) [国内小説]

郊外の風癲病院を訪れた青年三輪与志、ある日発狂して以来言葉を発することがなくなった矢場徹吾、矢場と同じ病院を出て間もない与志の兄高志、彼ら全員と関わりを持つ神出鬼没の首猛夫。主にこの4人が入れ替わり立ち替わり登場し、それぞれの思想を語る数日間のドラマです。肩書きとしては形而上学小説ということなんですけれども、個人的な印象としましてはほぼ幻想小説です。どう考えても常人には見えてはいけないものが、当たり前のように向こうから歩いてきますからね。
かつて三輪与志と矢場の学友だった黒川建吉、学生時代の彼らとかかわった謎の少女、与志の婚約者の津田安寿子とその両親、精神病院に預けられた二人の少女と医師の岸博士など、三輪家の兄弟を取り巻く人々も魅力的です。霧に覆われた街やら古風な精神病院やら秘密の工場やらのどかな川下りやら、陰々滅々と喋っているだけかと思いきや意外に場面が推移するのもいいです。
どこを取ってもひかれる道具立ての中で彼らがやっていることは、いくら考えても答えの出ないおそろしい疑問です。そりゃこんなことばかり考えていたら病院送りが続発するだろう、という重さの。

思いの外面白く読めた、というと「予想よりましだった」と聞こえてしまうかもしれないので率直に申し上げますと、間違いなく面白かったです。登場人物がみんな強烈に個性的で忘れがたいんですよ。シリアスな小説かと思っていると津田夫人みたいな笑いどころもちゃんと用意されていますし、脇役かと思われた人物が後のシーンで重要な役割を担うこともあり、キャラクター重視で小説を楽しむ人には特に向いています。

彼らがずっと喋っていることは確かに厄介な問題なんですけれども、特定の分野でしか通用しない専門用語もなく、誰にとってもある意味では身近(大きすぎて普段は誰も考えないだけで)なテーマです。取っつきにくいように感じるかもしれませんが、たいていの人はこの小説を手強いと感じるでしょうから、スタートラインはどなたも同じです。
ミステリのような部分もありますし、タイトルと著者名に恐れをなして敬遠しているのはもったいないですよ。
とは言うものの、全く知らずにいた人に熱烈におすすめしたいかというと、それもちょっと怖い本ではあります。

非常に残念なことは、明らかに未完で終わってしまっていることです。第9章でいきなり新しい人物(?)が姿を見せたと思ったら、意外な人の口から鋭い反撃が飛び出して、そこでおしまいですよ。
もっと若いときにこの本を読んでいたら、間違いなくとりつかれて人生が狂っていました。かといって年を取ってから読むには遅すぎる本なんですけれども、やはりある程度大人になってから読んで「もっと若いときに出会いたかった/出会わなくて良かった」と思うための小説です。

死霊(1) (講談社文芸文庫) 死霊(2) (講談社文芸文庫) 死霊(3) (講談社文芸文庫)

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 2

流れ者

学生の頃借りて読みはじめたものの訳が分からず、後に古書店で単行本を探して2巻まで入手したところで文庫版が出たのが今となっては儚い思い出です…
今読み返すと「あれなんか安寿子さん可愛いぞ」とか「首猛夫や夢魔の『いいかな、~なのだぜ』口調で反射的に脳裏にスギちゃんが…」とか…学生時代より退化しています



by 流れ者 (2015-06-26 21:40) 

elwing

>流れ者さん
コメントありがとうございます。
わけがわからないまま読み進めるうちに、キャラを楽しむ小説として読んだほうがある意味わかってるのではないかという気がしてきました。
by elwing (2015-06-27 01:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る