So-net無料ブログ作成

清水義範『大人のための文章教室』(講談社新書) [実用書]

清水義範と言えば、面白くてためになる(かもしれない)『国語入試問題必勝法』、抱腹絶倒のパスティーシュ作品が満載の『深夜の弁明』(以上2作品は、今回の内容とは全く関係なく、あんまりにも好きなので紹介しました)の他SFやミステリの著作もあり、最近は子どものための作文指導の本も出ている模様。
で、今回はその中の最後の仕事の大人向け版。手紙の文章やサラリーマンの使う実用文に加え、こうしたブログで発表されることも多い随筆や紀行文のコツを多数提案してくれます。お手本や悪い見本として出てくる例文に、作者の新作や日常の文章がどっさり使われているのが読んでいて大変楽しい仕掛けになっていて、著者の目的通りの面白く読める本になっています。仕事の報告書を「北の国から」とか「プロジェクトX」ナレーション風で書いたら、それはいけませんよ。
その上パスティーシュの「文章読本風」ではなく、ちゃんと実際に使える文章教室になっているのが素晴らしい。電車の中で背広姿で堂々と読んでも大丈夫ですよ。

大人のための文章教室 (講談社現代新書)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る