So-net無料ブログ作成

『仏尊の事典 壮大なる仏教宇宙の仏たち』(学研) [実用書]

美術鑑賞と同じ視点で仏像も好きです。好きなタイプはガンダーラ顔、鎌倉期の作品群も彫刻として面白いと思います。で、先日奈良国立博物館の神仏習合展(既に終了)を見に行った時、ミュージアムショップで「そうだ、そろそろ仏像のガイド本を買おう」と思い立ち(それまでは我流で鑑賞していたわけですよ!)、入門向けの仏像の見方本でもないかと探索開始。手の形や装飾品から仏像の種類が見分けられるようになりたいので、その辺りが詳しい本を…と思っていたのに、何故かこんなものを購入していました。ちょうど展覧会で見たばかりの「垂迹神」の項目を目次に見つけてしまったことが敗因と思われます。
とりあえず、各種の仏様の分類と名前の読み方がまとめて展望できるのが非常にありがたい1冊です。さっき見てきたあの仏像の由来を知りたい、と思うことは多々ありますので。また、各章の終わりに著名仏像所蔵寺院一覧がついています。本文中の図版に飽きたらず、実物が見たくなったらいつでも行けるのも長所ですね。

仏尊の事典―壮大なる仏教宇宙の仏たち


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る